ANAカード

ANAカード

数あるANAカードの中で比較的歴史が新しいANAアメックス。意外と良いかも。

ネットショッパーズ > ANAカード

ANAカードアメックス

今までANAカードで唯一サポートされていないクレジットカードはアメックスでした。ANAカードアメックスのいったいどこが良いのでしょうか? 数あるANAカードの中でアメックスの優位点(ゴールド)は、

■カードで稼いだポイントが失効しない
■海外保険が他のプラチナクラスの1億円(カード購入時)
■キャンセルプロテクション(病気などで行けなくなった旅行のキャンセル代補填)

だと思います。

ANAカード年会費

年会費はゴールドで32,550円です。
普通のプロパーアメックスのゴールドとポイント移行費用の合算額も32,550円です。

どのように違うのでしょうか?

■ANAグループをよく利用し、ツアーや海外航空券をカードでも購入する方
→ANAカードアメックス

■Amexのプラチナカード以上に進みたい方
→Amexゴールド

逆にAmexプラチナに興味がなければ、ANAカードアメックスの方が断然にお得です。

ANAカード比較

ここでダイナースとの比較をしておきましょう。

ダイナースもアメックスと非常によく似た性格のカードなのです。どちらかというとダイナースの方がよりお金持ちのイメージがあります。ポイントも10,000円未満は切り捨てられていました(最近になってようやく100円単位に改善されました)。

■ANAカードアメックスの長所
ポイントの年間移行上限がない。(ダイナースは年間80,000マイル) これは10年カードで稼いだポイントをため込んで、一気に12万マイルを流し込み、東京-NYCのファーストクラス無料券をゲットできるということです。

■ANAダイナースの長所
ダイナースのプラチナカード(ダイナース・プレミア)に昇格できる。ANAアメックスはいくら使ってもプラチナカードにはなれません。

ANAカードアメックスはいいと思います。公式ページはこちら

ANAカード トップへ戻る